会社案内・パンフレット作成、ロゴマーク・ホームページ制作 大阪・神戸・京都の広告会社

初めての企業様は、まずはこちらをご覧下さい。

トップページ  > パンフレット・カタログ作成

パンフレット・カタログ作成

作成項目

パンフレット・カタログの企画設計ができたら、それに基づき実制作に入ります。デザイン、コピーライティング、撮影、翻訳…、また用紙選定や印刷方法についても、目的に最適化したこだわりの選定をご提案します。

デザイン

デザインで製品・サービスの固有の魅力を視覚化しそれを信頼に

パンフレットやカタログのデザイン表現は製品・サービスによって千差万別であり、固有のものであるはずです。安直なデザインテンプレート(デザインサンプルから選択する作り方)などといった、製品やサービスの固有の本質を表現していないデザインは、横浜広告専科では一切導入しません。固有のデザイン表現は様々で、例えばクールでシャープなタッチ、品格や高級感、落ち着いた重厚感、エコなオーガニック調、フリーハンドなイラスト調、エレガントさ、ファッショナブルさ・・・。また文字でグラフィッ クを表現するタイポグラフィ、機能美を備えたフローチャート、ピクトグラムまで、製品やサービスの魅力や個性をオリジナルで最大限に引き出します。

昨今では環境問題への感心も高まり、製品に関連付けた自然素材を使用したエコなデザイン性も増えてまいりました。

会社案内デザインの定義

御社も気づいていない潜在化した御社の魅力、
個性を表現するもの、それが会社案内のデザインです。

コピーライティング

人々を意思決定に導く際立つ文章表現

横浜広告専科ではコピーやライティング作成を、パンフレット・カタログ作成の最も重要なタスクの一つと捉えています。何は無くとも人々の最終的な意思決定を促すのは、取りも直さず文章表現だからです。

弊社の精鋭コピーライターにより、キャッチコピー、リードコピー、本文のライティングまで、パンフレット・カタログの目的に最適化した表現力で、ターゲットの心をつかみ、シンプルでスピーディなアクション、動機づけ、意思決定を促すコピーをご提案します。

特に専門性が高いケース、法律的拘束が強いケース、複雑なロジックを咀嚼するケースなど、弊社提携の専門ライターによる対応も視野に置きます。

人々は印刷物でも意志決定する場合、何が要因?

撮影

ビビッドな写真は製品の魅力、価値を高める

製品情報の華はやはり写真です。製品写真は弊社専属フォトグラファーで撮影することをお勧めしています。またイメージカットもレンタルフォトや版権フリーフォトではなく、撮影によるオリジナルの実写画像を推奨しております。

もちろんご予算によってはその限りではありませんが、ぜひ弊社担当者にご相談ください。

建造物・構造物、工業品、装飾品、美術品、化粧品、薬品・医薬品、アパレル品、食品・料理、景色・自然物、人物に至るまで、必要に応じ分野別の専属フォトグラファーを起用します。

翻訳

グローバル・ブローシャ<パンフレット>づくりを支援

外国人による、たどたどしい日本語表記の印刷物やWEBサイトを目にした場合、信頼性に疑問を感じるのと同様、たどたどしいその国の言語表記ではユーザの信頼は獲得できません。特に海外ユーザの意思決定をダイレクトに誘導したいパンフレットやカタログだからこそ、ネイティブ翻訳が御社の海外戦略成功への第一歩といえます。英語、中国語、韓国語、フランス語・・・、様々な言語に、また日本語版パンフレット・カタログを外国語版に差替え、日本語・外国語両面併記のいずれの対応もいたします。

用紙選定

用紙選択もパンフレットの価値を高める要素

パンフレットやカタログの用紙の選択は、製品やサービスのグレード感や用途に応じて選択肢を幅広く持ちます。製品やサービスが比較的高価格帯であったり高級品の場合、必ずしも高級紙とは限りませんが、製品価値を最大限に引き立てる用紙を選択します。また商品点数が多く、ページ数の多いカタログなどは発色の良い、比較的リーズナブルな流通紙を選択することが多いようです。いずれにしても横浜広告専科では、製品やサービスの固有の価値を最も効果的に再現できる用紙をご提案いたします。

以下に弊社にて比較的よく使用する用紙、並びに環境適合紙をご紹介しますので、パンフレット・カタログ作成時にはぜひ手にとってご検討をお願いします。

ファンシー系高級紙

前述の通り、モデラトーン、マーメイド、パミスなどは、印刷インキの発色を抑えるので、落ち着いた重厚感を、またヴァンヌーボ、ミスターBなどは用紙表面の見た目、触感の高級感に加え発色の良さが大きな特徴です。

トレーシングペーパー

すりガラスのような半透明の紙です。会社案内冊子全ページで使用するのでなく、一部のページに使用すると一般紙との違う空間を表現できます。印刷もできるのでオモテ面のみ印刷をし、透き通った次ページの絵柄とうまく連携したデザインにすると、利用者への高い演出効果を発揮できます。もちろん印刷の塗り無しでの配置も存在感があります。

一般流通紙

一般的にパンフレット・カタログでよく使用する用紙にマット系(ツヤ無し)のマットコート紙、グロス系(光沢あり)のアートコート紙があります。パンフレットの目的、ご予算によって使い分けします。

環境適合紙

流通の多い用紙に比べ若干コスト高の品種もありますが、木材資源保護、環境保護の観点から採用される企業様が多くなりました。横浜広告専科では積極的な導入をご提案してまいります。

古紙配合紙

古紙配合の割合で70%、50%・・・等の配合率となり、それを作成した会社案内にそのマークを「Rマーク」として表記することができます。

FSC紙

森林認証制度で認証されたFSC(Forest Stewardship Council)紙です。適切な管理下で育成された森林に由来する製品であることを保証した環境配慮型の用紙で、森林保全に貢献することになります。

この認定を受けた用紙を使用する場合、図のFSCマークを印刷することができ、環境保全に取り組む企業姿勢を強調できます。FSC紙には流通紙から高級なファンシー系用紙まで、複数の用紙から選択可能です。

非木材紙

非木材紙とは木材以外の植物や農業副産物を原料としてつくられた紙のことです。非木材紙に使用される植物は成長が早く、二酸化炭素の吸収に優れているため環境保全に役立っています。

印刷用紙としてはかなり高級ですが、高精細ではない粗い手触り感がむしろ、温かみ、ナチュラルさを表現でき、企業のブランドイメージ向上に貢献します。ケナフ、バルキー、バガス等があります。

色校正

制作の仕上がりや色あいを実際の印刷で本番前確認

パンフレットやカタログの制作過程でお客様に校正いただき、デザインやコンテンツが固まったら、校正の最終仕上げの色校正を行います。実際に使用する用紙を使い、実際の印刷機に通して色再現を確認していただくためのものです。

ご予算や納期が厳しい場合は簡易色校正(DDCP色校正)にします。この場合実紙ではなく専用紙ですので色の誤差はある程度許容いただくこととなります。ただしモデラトーンやマーメイド等のファンシー系用紙をご選択の場合、この簡易色校正はお勧めしておりません。詳しくは弊社担当者へご相談ください。

色校正のイメージ

印刷・加工

パンフレット・カタログ作成プロセスのフィニッシュワーク

(1)印刷の種類

<RGB印刷>

通常の4色印刷では表せない鮮やかで、色域の広いリアルな色表現が可能となる印刷方法です。鮮やかな光や照明の色をリアルに表現したい場合、食品や料理の鮮やかな色再現をしたい場合など、特にピンク、オレンジ、青、緑等の色で、濁りの無い高彩度の色表現に効果的です。

色校正のイメージ
<特色印刷>

通常の4色フルカラー印刷に金・銀、蛍光色、DICカラーに代表される特色を加えた印刷方法です。もちろん特色のみで印刷することも可能です。

4色印刷では再現できないカラー範囲のため、色表現力が大幅に向上します。パンフレットでは個性的な表現を求める業種や製品、例えばクリエイティブ系、アパレル・ファッション系、ハウジング系等で効果的です。こだわりや差別性の付加価値を演出する手法として、ビジネス系、一般企業でも導入をご提案しています。

 

<FMスクリーン印刷>

高精細で鮮やかな色再現が可能な印刷方法です。例えば金属製品の写真を細部までの高精細でリアルな表現力を発揮したい場合などに大変効力を発揮します。通常のオフセット印刷がドット(網点)の集合体で色や形を表現していますが、FMスクリーン印刷の場合、そのドットが無いためモアレという干渉現象が起こりにくいのもこの特長です。

<UV印刷>

綴じて製本した用紙の対抗面への色写りを防止する場合、速乾性インキを使用します。塗りの多いデザインの場合、納期がタイトで印刷後の余裕のある乾燥が不可能な場合に有効です。このUV印刷は、インキに揮発性有機化合物(VOC)の配合をしないため、環境保全にも貢献できる印刷方法です。

<UV厚盛印刷>

文字やインキの塗りの箇所に透明インキを厚盛りすることで、盛り上がったエンボスの立体仕上げになり、その箇所は強い光沢感が出せます。

<環境適合印刷>
水なし印刷

この印刷方法は、社会問題化している有害な廃液の揮発性有機化合物(VOC)が一切出ない、環境に優しい印刷です。この印刷を採用した場合、会社案内に「水なし印刷マーク」を表示印刷できます。

ベジタブルインキ

大豆インキ(ソイインキ)に代表される植物性インキは環境保全に適したインキです。とりわけ石油系溶剤を含まない「ノンVOC(揮発性有機溶剤)インキ」は「ベジタブルインキ」とも呼ばれ、大豆インキよりもさらに環境に優しいインキで、昨今では大豆インキよりこのベジタブルインキが主流をなしてきました。
このインキで印刷した会社案内にはベジタブルインキマークやソイインキマークを印刷し、環境保全への取組みをアピールすることができます。

<その他の印刷方法>

印刷箇所にパールのような光沢感を出すパール印刷、別珍や絨毯(じゅうたん)のような感触のフロッキー印刷、ニス加工はインキの塗り箇所に光沢(グロス)感を出すグロスニス、艶消し(マット)感を出すマットニスなどがあります。

(2)加工の種類

ポケット加工(タトウ)

見開きの下部、或いは最終ページの下部に、パンフレットや1枚ものの差込ペラを入れるためのポケット加工を施すことができます。ポケットは両側に取り付けること、名刺スリットを入れることもでき大変機能的です。

CD・DVD装着

会社案内の最終ページやウラ表紙に、DVD盤を装着します。そのDVDには製品やサービスの情報をPDFやパワーポイント用にデジタルプレスします。

4色+特色印刷(金・銀・特色)

フルカラーの4色印刷に加え、金色、銀色、蛍光色、その他のDICカラー等の特色インキを使用した印刷方法です。4色印刷では再現できないカラー範囲のため、色表現力が大幅に向上します。会社案内ではクリエイティブ系、ファッション・エンタメ系、ハウジング系等の業種向きですが、重厚感やワンポイントの付加価値を演出するため、ビジネス系、一般企業でも効果的です。

UV厚盛加工

文字やオブジェクトの印刷箇所に厚みをつけるUVインキを使用した印刷手法です。UVインキ中に光沢処理をしたりにラメを入れたりもします。表面の手触りは用紙面とは、質感や厚さが大きく変わります。

PP加工

表紙面に光沢(グロスPP)、つや消し(マットPP)のコーティング加工を施します。特に会社案内の場合、表紙のマットPPは見た目の落ち着き感のみならず、手触りのしっとり感が会社案内のデザイングレード感を一層向上させます。

型抜き・トムソン加工

表紙に円形の穴をあけたり、冊子自体を規格の長方形でない形状、例えば四隅を角アールにしたり、前述したポケット加工もトムソン型抜きを行います。目的の形状を会社案内本体で表現できるので、単に印刷や規格用紙サイズでは表わせない表現力が魅力です。

型押し加工

この加工も表紙でよく利用されますが、印刷箇所に、立体形状の型押し加工をするものです。ロゴマークやシンボリックな形状を型押しすることで、平面的なデザインに凹凸の変化、立体感を表現できます。このエンボス部分に金や銀の箔押しをすることも効果的ですし、印刷の塗り無しで型押しだけでも凹凸表現として面白味がある加工です。

パール加工

インキに繊細に輝く顔料を入れ、用紙に印刷します。その印刷箇所はパールのようなキラキラと輝く光沢感を出せます。

箔押し加工

記念誌や写真集・アルバムなどの、表紙が厚く印刷ができない場合の上製本的な冊子でよく利用する加工です。金箔、銀箔の型押しを行う加工方法で、会社案内ではロゴマークや社名、英文文字などを箔押しするケースが多いようです。

 

お問合せ・ご相談

TEL:06-4400-5045 お電話受付時間9:30〜19:00(土日祝日除く)

大阪市北区梅田1丁目11番4号
大阪駅前第4ビル9階

フォームお問合せ

大阪府・兵庫県・京都府・奈良県

パンフレットや数々の広告づくりを経験した、
営業担当者が御社へ訪問させていただきます。

御社のご予算、ご計画をじっくりとお聞きかせください。
ご要望に沿って柔軟なご提案をいたします。

必要に応じて、お見積りは御社のご要望だけでなく、
御社にとって最適なプランもご準備いたします。

御社への訪問、提案、見積は全て費用をいただいておりません。
安心してお申し付けください。

御社の頼れる広告・WEBパートナー、
それがクリエイト大阪です。

文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • 印刷

お問い合せ・ご相談

お電話受付時間 9:30〜19:00(土日祝日除く)

大阪市北区梅田1丁目11番4号
大阪駅前第4ビル9階

作成媒体で選ぶメニュー

作成目的で選ぶメニュー